ITsolutions / 株式会社 アイティ ソリューションズ

個人情報保護方針住所は東京都新宿区新宿1-15-8 ANビル6Fです。お電話は「03-5367-1621」ファックスは「03-5367-1624」です。

オープン系と汎用系の違い

オープン系と汎用系の違い

オープン系システムは、
サーバー用途に使用できる一般的なハードウェアを用いて構築することができます。
主にUNIXベースやWINDOWSベースで構築されることが多いのが特徴です。
ハードウェアに特化した開発が不要なため、
システムの開発や変更が汎用系に比べると柔軟性があります。
主に開発で使われる言語は、JAVAやC、
VBなどの言語を使用して開発されることが多いです。

汎用系システムは、
汎用コンピュータまたはホストコンピュータと呼ばれるハードウェアを使用します。
ハードウェアに特化した開発であるため、
そのホストコンピュータについての知識が必要になります。
そのため、オープン系のようにシステム開発や変更、
他に応用することは容易に出来ないことが多いです。
主に開発で使われる言語は、COBOLなどの言語で開発されることが多いです。
汎用系システムでのソフトウェア開発は、
マシン語に近い言語にコンパイルされるため高速処理が可能です。

オープン系と汎用系の選ばれ方の違い

このシステムは汎用系であるべきとか、
オープン系であるべきということは必ずしもありません。
業務の特性に合わせて、それぞれの長所等を考慮してどちらかを選ぶことになります。
例えば、人事給与のシステム開発をする場合、
その規模でどちらにするかを決めることもあります。
大企業などで大量のデータを短時間で処理する必要があれば、
汎用系で開発することもあります。

また、中小企業などでそれほどデータ量がない場合には、
オープン系でソフトウェア開発する場合もあります。
その場合、実際の運用をパソコンで行うことも可能になることがあります。
もちろん、単純に規模ではなく、
どういうシステムが必要なのかという開発要件も重要になってきます。
両者のシステムは互いに一長一短な関係にあるため、
使用するシステムの特性にあわせて使い分けます。
例として、銀行ATMなど大勢の人が同時に使用するようなシステムの場合は、
ほぼ汎用系が使われています。


一覧に戻る