ITsolutions / 株式会社 アイティ ソリューションズ

個人情報保護方針住所は東京都新宿区新宿1-15-8 ANビル6Fです。お電話は「03-5367-1621」ファックスは「03-5367-1624」です。

オープン系システムの運用方法

オープン系システム運用の仕事について

最近ではオープン系やWEB系など様々なIT用語が飛び交うようになっていますが、
オープン系とはその名の通り、公開されているシステムを複数の情報にリンクさせて、
独自のシステムとして構築させたものを指します。
オープン系を運用する場合はこの情報管理を行う専門のチームが担当することになり、
運用に関するすべての情報を専門チームに一任する形となります。
オープン系を運用する上で、どの程度のサービスを求めているのか、
またセキュリティーなどの問題もお客様それぞれに異なってきますので、
この点をお客様の希望に合わせてプランを組み立てていくことが可能です。
またオープン系のシステム運用だけに限らず、コントロール、保守、点検、情報の管理、
バックアップなどもすべて行うことが可能です。

オープン系システムの特徴について

オープン系システムがなぜこれほど企業に導入されるようになったのか、
その最大の特徴は低コストで自由度の高いサービスを作れるという点です。
汎用系と比べても非常にリーズナブルなので多くの企業がオープン系のシステム開発を導入しています。
オープン系を運用していく上で欠かせないのはやはり情報の管理やシステムを点検するという点にあるでしょう。
オープン系の場合、運用自体は低コストで実現できるメリットがありますが、
一度トラブルが発生するとその問題点や原因を突き詰めるまでが非常に難しいという点もあるため、
日頃から問題が発生していないか常に確認をしておく必要があります。
また企業によっては顧客情報や記録などをシステムの中で一元管理して運用していることもあるので、
情報が流出しないようにシステム管理をすることもオープン系運用の大切な役割と言えます。
お客様のサービスに最適なオープン系ツールをご提案し、最も理想的な形で、
システム運用ができるよう努めていくこともオープン系の管理には求められる仕事なのです。


一覧に戻る