ITsolutions / 株式会社 アイティ ソリューションズ

個人情報保護方針住所は東京都新宿区新宿1-15-8 ANビル6Fです。お電話は「03-5367-1621」ファックスは「03-5367-1624」です。

オープン系を用いた業務系アプリケーションの開発について

オープン系で業務系のWEBアプリケーションを開発する

近年は汎用系ではなくオープン系のシステム開発が主流になりつつありますが、
当然開発現場でもオープン系に関するスキルが求められています。
我々が日常ビジネスやプライベートで使うアプリケーションを見てみると、
オープン系のものやWEB系のものが多くなっており、利便性が求められるようになりました。
このオープン系というのは使い勝手が良いため人気ですが、
開発にあたってはC言語やJava等の言語が用いられるでしょう。
業務系WEBアプリケーションの開発となると様々な言語が使用され、
PHPやVB、XML、ASPといったものも使用されます。
もちろんこれらすべてに精通している必要はないですが、
いくつかの関連する言語を習得していればオープン系の業務系WEBアプリケーションの開発において、
アドバンテージを発揮できるでしょう。
基本的に開発だけにとどまらず、運用業務や保守業務に至るまで行えることになります。

業務系WEBアプリケーションは活躍の場がとても広くて需要もある

オープン系アプリケーションの開発を希望する企業がどんどん増えてきていますが、
技術や経験を要するため外部に開発依頼をすることが多いです。
ということは基本的に、ヒアリングから設計、開発、テストなどを開発業者が行うことになると思われますが、
あらかじめクライアントの要望をしっかりと聞いておくことが大事です。
途中で仕様の変更などがあることもあるため、ヒアリング段階で具体的な全体像を描いておくと良いでしょう。
オープン系の業務系アプリケーションというと、
営業支援のためのもの、在庫管理、製造管理、店舗管理といったものがあり、
オープン系にすることのメリットもあるでしょう。
オープン系アプリケーションはこれから益々必要性が増していくことが予想され、
数多くのシステムやアプリケーションがオープン系で開発されるでしょう。


一覧に戻る