ITsolutions / 株式会社 アイティ ソリューションズ

個人情報保護方針住所は東京都新宿区新宿1-15-8 ANビル6Fです。お電話は「03-5367-1621」ファックスは「03-5367-1624」です。

オープン系でのパッケージ・基幹系領域の開発について

オープン系でパッケージ・基幹系領域を開発する!

オープン系の必要性が叫ばれているこの時代、
パッケージや基幹系領域はこの方法での開発が増加しています。
もともと基幹系領域などは汎用系にて開発されることが多かったのですが、
今ではかなりオープン化が進んでいます。
基幹システムをオープン系で開発する際にはそのシステム規模にもよりますが、
数年はかかることになるでしょう。
基幹システム領域の開発にはかなり莫大な工数が必要になることを覚えておかなければなりません。
またオープン系パッケージについても注目されており、
地方自治体をはじめ各企業で導入されているのが現状です。
パッケージは基本的には同様の機能内容のものをいろいろな企業が使用することになるため、
幅広い視野で開発することが求められるでしょう。

オープン系の開発で気を付けるべきこととは!

汎用系からオープン系の開発職に転職をしたいと希望する技術者がいますが、
畑違いとなるため一筋縄ではいきません。
そして開発にあたっては、かなり高度な技術が要求されることもあります。
パッケージでも基幹系システムに関しても同様で、高品質なものを作ることができる必要があり、
安心安全に、そして使いやすいシステム開発が求められるでしょう。
また何より重要視されるのはセキュリティ面であり、それに関する勉強は欠かすことはできないでしょう。
他にも開発するシステムの内容に応じた開発経験が必要になり、
それを有しているとアドバンテージとなるでしょう。
そして各企業がどういった理由でオープン化するかも頭に入れておくとスムーズな開発ができます。
標準化のためであったり、コスト削減、時代の流れ、使用していたもののサポート期限が切れたなどがあります。
ただシステム移植がスムーズに進まない、
セキュリティ面に問題点があるなどの理由で頓挫する可能性もあるため用心して開発しましょう。


一覧に戻る